うつ病の最新治療法|光トポグラフィーで心を客観的に診断できる

両手を広げる女性

精神病を完治するために

相談

迅速で正確な診断方法

うつ病検査の一つである光トポグラフィーを行なう人が増えています。そのことから、うつの症状に悩まれている人が多い事が分かるでしょう。光トポグラフィーとは、安全な近赤外線で頭の血流を測定し、健常、うつ病、躁鬱病、総合失調症、をそれぞれ判断することのできる検査のことを指します。健康保険は適用外ですが、大体1万円〜程度で検査を受けることができます。うつ病や総合失調症は、自分ではなかなか病気であると気づきにくいものであります。また、自覚症状が出て病院へ行った場合、検査の指針はお医者さんが話を聞いて判断することです。そのため自分のことを話すという時間も手間もかかってしまいますが、光トポグラフィーとはそのようなことは一切せず、頭に器具を付けて検査を受けるだけなので、すぐに判断ができます。また、当日予約をして検査を受けた場合だと、結果は当日すぐに出、知ることが出来るため、再来院の必要もなくとても便利な検査となっています。現在認知度はあまり高くありませんが、その正確性と診断結果の速さから、近年普及してゆく検査であるといわれています。

メリットがたくさん

光ポトフラフィーのメリットはたくさんあります。精神科へ通院し、医師に話を聞いてもらい、うつ病や総合失調症であると診断された場合は、一般的に薬を処方され、服用することによって完治を目指します。しかし、上記のように指針となるのはお医者さんが聞いた話のみです。精神病は外面的な傷病が見られないため、診断がとても難しいものになっています。そのため、万が一誤診だった場合、効果のない薬を飲み続けることとなってしまいます。その点光トポグラフィーは、誤診の心配はまったくありません。ほぼ100パーセントに近い診断をしてくれるため、より有効で適切な薬を服用することが可能です。それによって、完治が早くなるというメリットがあげられます。また、人体に害のない安全な光を使っているので、危険や副作用が全くないということもメリットの一つとしてあげられます。また、診断結果は数値によって表されます。明確な数字を目にすることによって、病気であるという自覚をしっかりと持つことが出来、治そうという気持ちが強くなる、というメリットもあげられます。