うつ病の最新治療法|光トポグラフィーで心を客観的に診断できる

両手を広げる女性

心を客観的に診断できる

メディカル

本当にうつ病かわかる

うつ病の診断は、これまでおもに問診などによって行われてきました。光トポグラフィーは、うつ病の診断に画期的な進歩をもたらした検査法です。問診に頼ってうつ病の診断を行う場合、仮にうつ病でもなんでもない人が何らかの理由でうつ病を装いたいと思えば、医師の問診に対してそれらしい答えを返すことでうつ病と診断される可能性はないとはいえません。うつ病患者は毎日苦しい気持ちで過ごしていますが、病気ではないけれどたとえば仕事を休みたいとか、周りの人たちの同情を引きたいと考える人がいたとしたら、問診による診察では本当のうつ病かどうか判断することは難しいのです。しかし、光トポグラフィーを使えば、その人の脳内の様子が誰が見てもわかる形に画像処理されて映し出されます。したがって、ストレスが高じてうつ病を発症し、仕事をしばらく休みたいというようなときに、「仮病じゃないのか」などと心ない言葉を言われても、光トポグラフィーの検査を受けた結果を見せれば納得してもらうことができます。

双極性障害の早期発見にも

光トポグラフィーは腰掛けた状態で痛みもなくリラックスして受けられる検査です。このため、うつ病や双極性障害・統合失調症などの患者も体や心に負担をかけず気楽に検査を受けることができます。特に双極性障害という病気では、患者は躁状態のときには自分の病気を認めたがらない傾向があります。しかし光トポグラフィーの検査結果には自分の脳の状態が克明に表示されるので、病院で治療を受けるようにという説得がしやすくなります。心の病気も体の病気と同じく早期発見と早期治療とが重要なので、光トポグラフィーの果たす役割は非常に大きなものであるといえます。光トポグラフィーを使うと患者の脳内の血流の様子が画像となって映し出されます。そしてうつ病と双極性障害と統合失調症とではそれぞれ違った特徴を示すのです。もちろん健常者の画像と比べても一目瞭然の違いがあります。しかしなんといってもうつ病・双極性障害・統合失調症という三大精神病をそれぞれに判別できるというのが光トポグラフィーの最大の長所といえるでしょう。