うつ病の最新治療法|光トポグラフィーで心を客観的に診断できる

微笑む女性

うつ病の最新の診断法

下を向く男性

光トポグラフィー検査とは、うつ病の判断を明確化するための検査方法で、身体的な負担や副作用のない検査方法として注目されています。脳の血流パターンを測定し、うつ病等のパターンと比べることで、うつ病かそれ以外の病気なのかを判断することができます。

View Detail

心を客観的に診断できる

メディカル

光トポグラフィーという検査を行えば、患者の脳内の血流の様子を画像化することができます。これによって健常者とうつ病・双極性障害・統合失調症の患者とをそれぞれに判別することが可能です。そのため、心の病気の早期発見などに役立てられています。

View Detail

うつ病を数値で表す検査

女医

検査の特徴として

従来のうつ病の診断は問診のみで行うのが主流であったため、客観的な根拠がないという事が言われており、本当は病気ではないのではないかと考えられる事がよくありました。しかし、近年では、うつ病の診断は問診のみではなく、光トポグラフィー検査というものが医療機関で導入されるようになりました。これは、脳の働きに伴って変化する血流量を数値で表し、うつ病の診断の補助をする検査です。ATMなどの生体認証にも使われている近赤外光という安全な光を頭部に当てて、反射してくる光を計測し、大脳皮質の血液中ヘモグロビン量の変化を見るといった検査が行われます。近赤外光は、生体に流れる血液中のヘモグロビンのみに吸収されるといった特徴があり、その特徴を活用したものが光トポグラフィー検査です。他の疾患での診断のように、うつ病も光トポグラフィーによって数値で診断出来るようになれば、患者さんも目で見て理解が出来る事や、診断する側の医師としても説明しやすくなるといったメリットがあります。

検査を受ける際の注意点

うつ病の診断方法として、医療機関で新しく導入されるようになってきている光トポグラフィー検査ですが、検査を受ける前に知っておくべき事があります。この光トポグラフィー検査ですが、うつ病の症状が治療しても全然改善が見られない人や、他の精神疾患が原因となってうつ病を発症している可能性があり、その原因が分からないといった人などを対象として行っています。健康保険が適用されるため、安価で検査を受ける事が可能であり、患者さんのうつ病タイプや原因となっている他の精神疾患について調べる事が出来ます。しかし、確実な病名が分かる事はなく、その精神疾患である可能性しか調べる事が出来ないため、証明になるものではないという事が言えます。光トポグラフィー検査を受ける事によって、うつ症状の重症度や患者さんの症状に合った薬や治療出来るまでの期間などを把握することは出来ないので、過剰な期待をしないようにすることが大切です。今後、医療技術の進歩によって、光トポグラフィー検査の開発が進むことで、ある精神疾患ではこういった特徴が見られるという傾向分析で、症状診断がスムーズになる可能性はあります。

脳の活動状態を見られる

頭を抱える男性

光トポグラフィー検査は、近赤外線を頭にあてることで活動中の脳の血流量を波形にして見ることができる検査です。この波形は健常、うつ、双極性障害、統合失調症によってそれぞれ違っているため、精神疾患の鑑別診断の補助検査として有効です。被験者の体への負担が少ないこともこの検査の利点です。

View Detail

精神病を完治するために

相談

自分の疾患を正確かつ迅速にに知ることが出来る光トポグラフィーは、近年普及してきています。適切な治療を受け完治を早めるため、気になる人は一度検査を受けてみた方が安心することができるでしょう。

View Detail

診断を補助してくれます

女性医師

脳の血流を調べることにより、うつ病などの診断に役立つ方法として光トポグラフィー検査があります。病院によっては行われていない場合や保険が適用されないこともあるので、事前に確認しておくとよいです。診断するのに役立つものですので、必要ならば受けておいたほうがいいといえます。

View Detail